味噌ラーメン

味噌ラーメンというと何を思い浮かべるだろうか?
サッポロみそラーメンのイメージが根深い日本において
ラーメンのスープに味噌さえ入れれば旨いと考えるバカが多い。
濃厚鶏みそ|らーめん曳舟
私は絶対にそんな味噌ラーメンは、『ラーメン』として認めたくはない。

味噌ラーメン

味噌ラーメン

味噌ラーメンとは?

味噌は「味噌汁」としても飲まれている食材であり日本では定番の食品だ。
動物系のスープで出汁を取るラーメンのスープと合わせたことでうま味の相乗効果で、おいしくなるという発想こそが味噌ラーメンの肝となる。

みそラーメンの罠

味噌の旨味の落とし穴。

ラーメンのスープと味噌の関係。

薄っぺらなスープでも味噌さえ入れたらそれなりに食べれるラーメンになってしまうこと。

塩分

ラーメンのスープに味噌を追加することで、塩分がさらに強まってしまう事。

具が手抜き。

味噌にばかり気を取られて、ラーメンにとって主役となるべき肝心の具がおざなりになるラーメン店が多い。料理人として駄目過ぎだろうとしか言いようがない。

絶賛できる味噌らーめんは中々無いのは、他のラーメン類のメニューとも同様のことが言える。

味噌の可能性

味噌ラーメンのイラスト
味噌ラーメンだけでなく、近年では味噌を食べる機会は一昔前と比べて減っている。
外食ばかりの食事になる事で、味噌を食べる機会は自分で判断しないかぎり積極的に食べることが無い可能性があるのだ。
最近の若い人は米すら炊かないとも言われている。
当然味噌を食べる機会も減ると予想され、味覚として味噌を好まないリスクが存在する。
しかし大豆を原料とする味噌は塩分こそ高い物の、大豆由来の栄養価の高さや発酵食品としての栄養素も含んでおり、ラーメンの悪い印象をカバーできるだけのポテンシャルを秘めていると言っても良いだろう。
味噌さえあれば、ご飯のおかずとして食べれると語っていた人が居たが、今は飽食の時代は過ぎ若者の貧困も厳しい時代が到来している。
今後大豆を使った味噌が盛り返す時代も来ているのかもしれない。
ラーメン店暖簾のイラスト
味噌ラーメンについて:ぬふふ.com

タイトルとURLをコピーしました